読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

golangのVendoring周りメモ

しばらく間が開いてgolangで遊びはじめたのでちょっとメモ。

1.5からVendoringと言うGOPATH配下ではなくパッケージ下のvendorディレクトリで依存パッケージの管理が行われると言う。 1.6からはデフォルトでVendoringがONになっている。(1.5は環境変数GO15VENDOREXPERIMENT=1を設定しないといけなかった)

ただimportに相対パスでパッケージを指定しているようなものがあるとうまく動かないっぽい?

パッケージ自体の管理にはglideを使ってみていますがいい感じ。 ただし、glideは最新バイナリでも前述の環境変数GO15VENDOREXPERIMENTを設定しないとエラーが出たのでちょっと追いついていない感じか。

導入自体はこのあたりを参考にした